×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 
 

KURE(呉工業) エンジンコンディショナー

インジェットクリーナーは専用の器械が必要ですがこちらは必要ありません。
私は基本的にこの系統大好きです。前の車で作業をして非常に効果が高かったからです。ってしばらくの間作業してませんでしたが…

KURE エンジンコンディショナー前回インジェクション&キャブクリーナーで吸気系の掃除が出来たので今回は燃焼室系の掃除を目的にエンジンコンディショナーを購入してきました。
これらの違いは


インジェクション&キャブクリーナー

吸気系の汚れ(様々な汚れの成分)を落とすことを目的にしたもの(水溶性)

エンジンコンディショナー

燃焼室の汚れを落とすことを目的にしたもの(有機溶剤[芳香族成分]を多く含む)
by soft99
と言うことだそうです。


インジェクション&キャブクリーナーはsoft99 G'ZOXのだったのですが、今回行うのはKURE [ 呉工業 ] エンジンコンディショナーです。
何故メーカーを変えるのとかは言わない(笑)前回同様買いに行ったらこれしかなかったからです。
某有名人をはじめTRD sports同盟でも人気の商品ですね。
なお流行っている掃除方法は“スロットルから1本丸まるぶち込む”だそうです。
当然スロットルから成分が逆流してくるのでウエスで受けながらね。


作業手順はインジェクション&キャブクリーナーと一緒です。スロットル手前のパイプを外して矢印の場所からインマニ内部に向かってスプレーするだけです。

今回は前回の経験を踏まえてノズルを長いものにしました。
もともと使用されているノズルの外径は2.5mmなのですが、同じサイズのものはなかったので3mmの物を買って来ました。外径の差は刺さる部分を若干大きく加工しました。


って見えにくいですよね。
試にブレーキクリーナーで吹いてみたら刺し込んだ部分から洩れてきたのでホットボンドで固定しました。因みに長さは1mだったのでそのまま使います。本当ならば600mmもあれば十分なのですが細い中空菅なので潰れるのが心配で切っていません。因みにこの中空菅のお値段は税込みで\210で近くのホームセンターで売っていました。材質は御覧になって分かるように黄銅(一般的に真鍮)です。


これならばスロットルの奥までノズルの先端が届くので手前から垂れてくると言うこともありません。期待していた通りすべての成分をインマニの中に“ぶち込む”ことが出来ます。
インマニを見ると分かると思いますが下に向かって足が生えていますよね。と言うことは付いてきているノズルで奥に向かって噴射するだけでは6番シリンダーまで届かないかもしれません。が、これを使えば奥の端まで余裕で届かせることが出来ます。
これがあったらインジェクション&キャブクリーナーもすべてのシリンダーに満遍なく成分を行き渡らせることが出来ていたのに…


スロットルを掃除したいのであれば付いているノズルを使用すれば良いでしょう。長いのは良いのですが、取り回しがし難いのが難点です。


臭いはsoft99程ではありませんが少しアンモニア臭がします。他のものの臭いをかいだことがないのでこの臭いの違いが用途によるものなのか会社によるものなのかは分かりません。


ただ、他の方がやっているような1本丸々は使用せず約30秒間ノズルを出し入れしながらすべてのシリンダーに満遍なく行き渡るように噴射しました。1本一気に使用するのは何となく怖いので…


でこの成分によりカーボンなどを分解してくれるのですが、考えてみるとある程度の量がカーボンに付着してくれるとそれ以上は必要ないんですよね。
量が足らなければ話は別ですが付着している状態だと効いてくるのは温度と時間です。温度のほうはエンジンを温めているので問題ありませんが、時間はどのくらい放置して置けばいいのでしょうね?今回はsoft99の説明書に従いインマニの中に向けてスプレーをして少しクランキングをしてから5分ほど放置しました。エンジンは停止状態で作業を行うのでクランキングをすることにより成分をシリンダー内部まで導こうと言う作戦です。


5分ほど放置後少しエンジンがかかりにくいのですが、アクセルを開けながらエンジンを始動すると…
出てくる出てくるマフラーから白煙が。風が強かったので当たり一面立ち込めることはありませんが、結構すごい勢いです。
アイドリングだとストールしてしまいそうな勢いです。ボクサーエンジンのような音もします。レーシングをするたびにマフラーから白煙が立ち上ります。
これは住宅街だとクレームが出そうな感じです。臭いですし。
10分ほどアイドリング(間でレーシング)をしていたのですがなかなか白煙は無くなりません。当然エンジンをかけてすぐに比べると色はずいぶん薄くなっているのですが結構しつこいです。
と言うことで近所の目もあったのであまり回転をあげないようにして走ることにしました。停車してサイドミラーを見ながらレーシングをすると薄いのですが白煙が出ています。
結局でなくなったのは走り始めてから10分位はかかったと思います。


フィーリングチェックですが…あまり分かりませんでした。すでにインジェクション&キャブクリーナーでかなりの効果があったのでそこから劇的な効果というのは感じられませんでした。
微妙に低速トルクが復活したような気はするのですが…
でも燃焼室は綺麗になっているはずです。


今回作ったSSTですがお近くの方でしたらお貸しいたしますよ〜


back

↑このページのトップへ戻る↑